情報・無意識・コントロール

アメリカの社会心理学者、クロード・スティールさん

偏見、思い込み、先入観、偏り、、、といったバイアスによって生じる【刷り込み】を研究し

【ステレオタイプ脅威】という概念を提唱しました。

        『ステレオタイプとは』

偏った認識・固定概念のこと

例えば、男性より女性の方が、保育士や看護師に向いている。女だから。男だから。

実験で

同じ学力の生徒たちを対象に、【女性は数学が苦手】【黒人は白人より学力が低い】といった

社会的な【ステレオタイプ】を意識させることで

実際にそうでなくても、女性や黒人のテストの点数が下がってしまうことを確認したのです。

自分にとって【不都合なこと】でも、人はそれを受け入れてしまいます。

『手先が不器用なのは父に似たのかな』

『転職したいけど学力が低いから無理』

『もういい歳だから無理』

→諦めに近い感情を抱いている人は、ステレオタイプ脅威によって自分の足を引っ張っているのです。

ステレオタイプは、身の回りにたくさんあって、無意識にコントロールされていると感じます。

SNS、ネットニュース、テレビ、雑誌。

30代女性に聞きました!みんなが使っている!〇〇○!

なんてタイトルの。

私は世間の30代の人たちと違うのかな、みんなはこうなのに私はできてないななんて諦めの意識を持ってしまってないか。。。。

 

誰かが作ったデータの偏りに無意識にコントロールされず、自分軸を持っていきたいですね!

Scroll Up