宿便のこと

宿便とは、細胞にこびりついているカスで、パイプの汚れのようなものです。

この宿便は、下痢をしてもでできません。

このため、腐敗発酵して体中に毒素を回し、胃腸病だけでなく万病のもととなります。

胃腸の弱い人が柔らかいものばかり食べていてはいつまで経っても胃腸は怠け癖がついて丈夫になれません。それよりも問題なのが宿便。

ほとんどの病気はこの宿便からといってもいいくらいなので、毎日出していきたいところですね。

食事では、

玄米、小豆、大豆、ひじき、おから、ごぼう、こんにゃくなどをつかった、

きんぴら、おから炒り、ひじきの五目煮などが良いです。

最近は、16時間胃を空っぽにするようにしてます!

胃を休ませると、細胞が若返るそうなので、体もお肌の調子もよくなりますよ

 

Scroll Up