日用品の見直し!

化学物質が体内に吸収されるには3つの経路がある!!

ティアレでは、身体、皮膚に有害なシャンプーは使っていないのですが、洗剤などにも気をつけています。

毎日使う日用品には、有害なものが入っているので、しっかり見極めて選ばなければなりません。

美容室で気をつけなければならないのが、

経皮吸収

→触れる、塗るなどとして皮膚から体内に吸収。

合成界面活性剤は経皮吸収を促進し、体内ぬ吸収されてからも浸透率を高めてしまいます。

そして、解毒、排泄がされにくいので、少しずつ体内に蓄積されます。

石油から合成された化学物質は脂肪組織に蓄積されやすい性質があるため、乳がんの危険性もあるといわれてます。

こどもは、私たち大人に比べて、はるかに経皮吸収率が高いこともわかっています。

吸入→空気と一緒に吸い込んで肺から体内に吸収

代謝臓器を通らずに直接血液の中へ吸収されるので、大変危険な経路です。

経口吸収→食べ物や、飲み物と一緒に口から体内へ吸収する

添加物や、農薬などのたべもの

口から摂取すると、解毒する肝臓に負担がかかります。

薬ではホルモン剤が特に負担になるそうです。

日用品などの製品は自分で選択できるものなので、有害性が疑われるものをできるだけ避けて、無害なものへと見直していった方が良いでしょう。

Scroll Up