ホームカラーの危険性

こんばんは☆TIAREのMIKAです
身体の健康を損なう原因の1つに、前回Blog記事にした、シャンプー。
そして、もう1つ。
カラー剤です。
安くて、手軽にカラーが楽しめるホームカラー剤です。
今日は、ホームカラーの危険性について書きたいと思います。
市販のカラー剤は、誰がやっても良く染まるようになっています。
これは、!!!!!とても!!!!!強い薬剤が入っているということです。
でも!それに気づかれないように、ポリマーや、シリコンといった、
強力なコーティング剤がはいってます!!!!
実は、髪は、ものすごく痛んでいます。
髪の状態に合わせて塗り分けも出来ないので、ムラ、ダメージ、色落ちがしやすいです。
ムラになった髪に、パーマかけようとすると、ダメージのムラということなので、かかりのムラになります。
理想の髪型にしづらくなります。。
サロンカラーは、髪の状態に合わせてた施術をしてます。
毛先には、必ずパワーの弱い薬剤をつかい、ケアしながら、時間も調整して染めています。
髪に残ったアルカリ剤もしっかり流すこともできます。
そして、頭皮.身体への影響。
サロンカラーは、頭皮の保護剤をしっかりつけて、浸透しないように保護しながら染めます。
地肌につかないように、染めるテクニックも使えます。
市販のカラー剤は、化学成分を多く含むものが多いです。
パラフェニレンジアミン(PPD)
が入っているものがほとんどです。
これは、強いアレルギー反応を起こします。特に色が濃くそまるものほど、沢山入っています。
色が濃い⇒白髪染めですね。
白髪は、染まりにくい髪なので、とても強い化学成分がはいっているんです。浸透しやすく
パーマ液がはいっているのです。。。
使い続けると、、、
子宮収縮、不妊、乳ガンなど招く可能性があります。
頭皮は舌のつぎに、体内にはいっていきやすいのです。
発がん性、ただれ、腎臓障害、ぜんそく、結膜炎、、、、、
たまに、カラーしてる子供を見かけますが、完全にダメですよね。
発達に影響がでる可能性あります。
さらに、悪いシャンプーもつかっていたら、、、、大人になるまで、どんだけ浸透していくのでしょうか。
近頃、薄毛や抜け毛に悩む女性が急増です。
シャンプーやカラーを、安く済ませるのは簡単ですが、
育毛剤、トリートメント、ウィッグ、クリニック、、、など、直すのは、時間とお金がかかります。。
薄毛、抜け毛が気になるのであれば、今後のことを考えてまず、ホームカラーとシャンプーをどうにかしましょう!
食べものを見極めて、選んで買うと同じように、
髪や肌につけるものも、見極めなければなりません。
コマーシャルや、雑誌、値段などに、惑わされないように。。。
明日は、オーガニックカラーの、講習です!!!!!!!!!!
ティアレも、全メニュー、薬剤、シャンプーの見直しをしています。
身体に影響のないもの、髪に負担なかからないもの、自分も見極めて、皆さんに提供できるようにしていきますので、楽しみにしていて下さい♡

Scroll Up