合成界面活性剤

今回は、合成界面活性剤です!
皆さんは、初めて耳にする名前ですか?(^^)
シャンプーの良し悪しを決める成分です。そして、これ無しに、シャンプーは、出来ない。
油と水は、溶けません。
溶けなかったら、頭を洗う時、油が残ってしまいます。
油にも、水にも溶ける物、、、
それが、そう!
界面活性剤です。( ´ ▽ ` )ノ
合成界面活性剤には、知ってる人は、もう知っている、ラウリル硫酸ナトリウム。NHKにも、取り上げられていたみたいですが…
これも、又、名前を変えて現れようとします。
別名、ドデシル硫酸ナトリウム。
そして、SLSとも言います。
その他に、スルホン酸Na、ポリオキシエチレン、ラウリルエーテル硫酸塩、
ラウレス硫酸Na、キシレンスルホン酸アンモニウム、パレスー3硫酸Na、パレスー3硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、
があります。
要するに、硫酸とか、スルホン酸と書かれていたら要注意です!(◎_◎;)
これらの、合成界面活性剤は、非常に脱脂力が強く、分子量も小さいので、すっと、肌に浸透します。
そして、肌組織を壊してしまうのです。
必要な油分まで、奪ってしまい乾燥、炎症、等の肌トラブルの原因を作ります。
これで、シリコンでも入っていたら、悪の相乗効果ですよね!(; ̄O ̄)
多量に使ったり、長期に渡って使うと、炎症の原因になる…こういったことで、カラーリングを、すると、しみたりするんです。
カラー材、パーマ材、だけでなく、頭皮の状態にもよるので、いつも、健康、ベストな状態にしておかないといけません。
さらに、この成分は、タンパク変性を起こす成分でもあります。
肌、髪は、タンパク質でできています。人体は、水分を除いた半分近くは、タンパク質でできています。
その、タンパク質が、性質を変えられる、、、
つまり、機能低下、消失してしまう。
一度崩れた組織は、再生されるという決まりはありません。
肌、髪、毛根、あらゆる正常に機能していたものが壊される。
調べていくうちに、これは、受精卵の幕をも崩す。
水、油に溶ける。それも、強烈に…
ということは、
人体に入った物は、なかなか体外に出てくれません。
血液、リンパを通り、胎盤に入り…
もうわかりますよ…
だから、近年、子供が出来づらかったり、奇形な子が生まれたりというのが、多いんではないでしょうか?
昔は、その様な話は、あまり聞かなかったと思います。
TV、マスメディアを通して、洗脳で良くないものをつかまされる時代は、終わりにしないと、いけません。
優しく、自然な良い物を扱うという、ティアレの当初の思いは、揺らぎません。
健康な髪は、頭皮から良くし、良くするために、自然な物、
オーガニック100%に近い物を扱い、自らの治癒力を高めていく!
カラー材、パーマ材、ヘッドスパ剤、シャンプー、スタイリング剤にいたるまで、今後もオーガニック!悪い成分の入っていない物を自信を持って提供していきます!!!!!o(^▽^)o☆彡
来年のティアレもまた色々考えています。ので、
良い物を一緒に目指しましょう‼☆彡
次回は、最後に言ってた、PGですね。

Scroll Up