合成(ビニール)ポリマー

では、合成(ビニール)ポリマーから。
もう、お馴染みのシリコンですね!
シリコーンとも、ジメチコンとも言います。
奴は名前を変えて現れようとするんですね(; ̄O ̄)
あと、その仲間の、カルボマーK、悪そうな名前ですね!
そして、シロキサン。白木さんと覚えてください(^^)
他にも、アルリル酸とか、よく聞く、セルロース。
これらが、代表的な合成ポリマーです。
ようするに、ビニールの成分です。
そのビニールを細くし、保湿剤等入れて、肌、髪に塗るんです…
保湿剤も、肌を保湿するのではなく、その成分自体を保湿するために入れるのです。
そして、サラサラ(^O^)/
とか、シットリ(^O^)/
とか、ツルツル(^O^)/
と、言って喜んでいるんです…
そりゃあ、ビニールですから、ツルツルしますよ(; ̄O ̄)
確かに、髪も、手触り良くなります。
しかし、水を通さないビニールで、覆うということは、本来の汗や、油を外に出すという肌の機能を、妨げている。そして、常在菌でも、分解は出来ないので、残って悪化は進んでいく…
髪もそうです。酸素との水分の受け渡しが出来ないので、乾燥、パサパサになっていく。
パーマや、カラーにも影響します。
本来シリコンという物質は、水にさっと、解ける性質があるはず。
なのに、何故そこまで、残るのでしょうか?
他の成分も入っているからですよね。
そして、この合成ポリマー、下水に流れると、へドロになります。
自然界にも帰れないんです。
当然、ビニールですから、菌も分解出来ない…
環境汚染ですよね(~_~;)
肌も、髪も、環境も、、、
生体組織を壊すのです。
次回は、合成界面活性剤の話をしたいと思います。

Scroll Up